熊本の新築一戸建て・建売・モデルハウス・分譲地ならアネシス。

見学予約・お問い合わせはこちら

096-388-1822

9:00-17:30 水曜定休日

アネシスオーナー様はこちらから
(メンテナンスのご相談等)

0120-24-3810

有關日本的節分習俗(撒豆驅鬼/吃惠方卷)①

海外客戶2024.01.18

有關日本的節分習俗(撒豆驅鬼/吃惠方卷)①

感謝一直以來對敝司的支持與愛護。

這是來自ANESIS海外部門的投稿,敝姓林。

 

這次來介紹位於合志南社區的ANESIS新建住宅,距台積電開車僅15分車程的絕好地段。

 

合志南社區是特別規劃而成的大規模住宅社區聚落。

(區內ANESIS目前僅剩3區面待售,絕大部分均已完售。)

**如有內覽需求可參考 https://www.anesis.co.jp/bunjou/koshiminamiplace/ 

 

為了讓移住者更了解社區周邊環境和當地生活,

這邊彙整了交通,學校,醫院,育兒,便民設施,購物美食等生活情報並製作成了總集篇。

以每週投稿的方式,讓人在海外的您也能擷取熊本當地的第一手情報。

 

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。
アネシス海外部門担当の林です。

「KUMAMOTO REPORT」は、熊本への移住や住宅の購入を考えている海外の方に向けて
熊本の暮らしをより深く知ってもらうために情報発信を行っています。
交通状況や学校、病院、子育て支援、その他便利な施設や買い物、レストランなど生活情報をお伝えしています。

今おすすめの大型分譲地は、TSMCから車で15分、周辺環境も良い『合志みなみプレイス』。
アネシスの区画数は、全34区画中残り3区画(モデルハウス含む)になりました。お申込みはお早めに。

合志みなみプレイスの詳しい情報はこちらから https://www.anesis.co.jp/bunjou/koshiminamiplace/

 

 


 

 

這次介紹日本年初的民間習俗「節分」的由來。

與台灣的年節是依舊曆操行有所不同,日本的年節是依新曆操行。

和台灣的過年氛圍也延續至農曆1月15日的「元宵節」相似,舉凡新曆的1月1日起至1月15日(小正月)之間與2月初的「節分」,均是日本的傳統年節行事。

 

今回は日本の民俗行事「節分」の由来をご紹介します。
旧暦に基づいた台湾のお正月とは異なり、日本のお正月は新暦に基づいています。
新年の雰囲気が旧暦1月15日まで続く台湾の「元宵節」と同様、日本の1月1日~15日の「正月」と2月上旬の「節分」は、日本の伝統的なお祭りです。

 

 

2024年2月3日是日本的「節分」,是台灣沒有的傳統習俗。

「節分」這個詞彙的字面意義是「分割季節」,是指季節與季節之間的分界。

廣義而言泛指立春、立夏、立秋和立冬的前一日,但自日本江戶時代以來就縮小定義範圍僅指為立春

(約落在2月2日至2月4日之間)的前一天為主。

 

2024年2月3日は今年の「節分の日」です。節分は台湾に存在しない日本の伝統的な風習です。
「節分」は文字通り「季節を分ける」という意味で、もともとは各季節の始まりである立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を指していましたが、江戸時代以降に定義の範囲が狭まり、立春の前日だけが節分として残りました。

(日付はほとんど2月3日ですが、うるう年などの影響で2月2日~4日の間を変動)

 

 

日本傳統的「鬼」是頭上長有尖角、一口獠牙、手持金棒、全身紅/藍皮膚,兇猛強悍的赤鬼或青鬼。

人們會在節分當天會邊說「鬼在外,福在內」邊撒福豆(烤過的大豆)進行驅邪活動,

並吃掉與自己年齡相等(或多一顆)的豆子。

雖說習俗因地區和神社的不同而有所差異,

也會在家門口等地方掛上驅邪的柊鰯(把烤過的沙丁魚頭插在柊樹枝頭上的裝飾)

 

日本の伝統的な「鬼」は、頭に鋭い角、牙、金の棒を持ち、全身の皮膚が赤または青で、恐ろしくて強そうな姿をしています。
節分の日には「鬼は外、福は内」と言って福豆をまいて邪気を追い払います。
そして、自分の年齢と同じ(または1つ多い)豆を食べましょう。
豆まきの詳細や飾りつけの風習は地域や神社によっては異なりますが、日本の本州では、家の玄関に魔よけとして「ひいらぎ鰯(焼いた鰯の頭を柊の枝に刺した飾り)」を吊るしているみたいです。

 

 

除此之外,在節分當天食用惠方卷,意味著將福氣卷入其中吃掉。

個人而言象徵消災避邪,對企業主而言則象徵生意興隆。

還有另一種解釋,將太巻き比擬為鬼逃跑時遺忘的金棒(鬼的金棒),象徵著驅鬼。

餡料通常會使用7種類的食材。數字7象徵著商業繁榮和健康長壽,是根據七福神而來的。

常見的代表性食材舉凡高野豆腐、胡蘿乾、小黃瓜、煎蛋捲、鰻魚、櫻花魚鬆、煮椎茸等(有時也不限於7種)

惠方卷的吃法是面向是一種在節分時朝向吉利方位,一言不發默默的吃掉整根太卷壽司。

這是一種起源於日本關西地區的獨特的飲食風俗。

每年方位不同,2024年的吉利方位為東北東。

下回將介紹在熊本當地一般是如何度過節分這個特別的民俗節日。

 

使用される具材は通常7種類。 7という数字は商売繁盛や健康長寿を象徴しており、七福神にちなんでいます。
代表的なものは、高野豆腐、干しニンジン、キュウリ、だし巻き卵、うなぎ、桜でんぶ、煮椎茸など。他、前述の具材の代わりにエビやかんぴょうが入っていることも(7種類に限らない場合もあり)。
最近では、海鮮太巻きなど自由にアレンジされています。

食べ方は、節分にめでたい方角を向いてかぶりつき、静かに黙々と完食するというもの。
これらは日本の関西地方が発祥という説があります。

方角は毎年変わり、2024年の吉方位は「東北東」です。
太巻きはハーフサイズも売っていますので、ぜひチャレンジしてみてください!

次回は、特別な民俗行事である節分を熊本の人々がどのように祝うのかご紹介します。

 

 

土地についてやアネシスの家づくりについて
もっと知りたい方へ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ
096-388-1822 096-388-1822
[営業時間]9:00~17:30 水曜定休日

電話をする

見学予約

LINE予約