熊本の新築一戸建て・建売・モデルハウス・分譲地ならアネシス。

VOICE01
土地選びと家づくり。どちらも理想に近づけた、子どもたちがのびのびと育つ家。

K様邸/5人家族 K様邸/5人家族

K様邸/5人家族

理想と現実に悩む家づくり。ビルダー決定に至った3つの決め手

理想と現実に悩む家づくり。ビルダー決定に至った3つの決め手

アネシスのお客様

吹き出し 家づくりは、家族にとって一生に何度も訪れることではありません。今回、お話を伺ったK様ご一家も、ビルダーが決定するまでにさまざまな苦労があったといいます。

ご主人「子どもに病気があるので、バリアフリーの家を建てたいと思っていたんです。いろんな展示場を見て周り、他の会社で契約寸前だったのですが、やっぱり納得いかなくて。」

奥様「3人の子どもが大騒ぎしても叱らなくて良い家にすることが希望でした。だからこそ、場所選びも大事でした。」

家づくりは「ここだ!」と決めるまでも、長期間を要することがあります。K様ご夫妻も、半年間、展示場などを見て回り、理想と現実という壁に直面。疲れ果てていたと話されます。そんな時、アネシススタッフとの出会いが、大きく前進するキッカケになったそうです。

奥様「土地探しもこれからだったので、アネシスさんが持っている分譲地をご紹介いただいたんです。景観もよくて静か。利便性も良く、ここでなら、子どもたちがのびのびと過ごせると思ったんです。即決でしたね。」

ご主人「営業の方の人柄も即決の理由です。ちょっと呟いたことを覚えていていただき、理想通りの提案をしてくださいました。立地・予算・営業の方の人柄、この3つがカチッとハマった感じです。」

こうしてアネシスとK様ご一家の家づくりがはじまり、家族の夢が詰まった住まいが完成したのです。

家族の笑顔のように、光が差し込む明るいリビング

家族の笑顔のように、光が差し込む明るいリビング

アネシスのお客様

吹き出し 家族が集うリビングは、ご主人の希望通り家の中で一番広い空間に。K様邸のリビングには、いつも家族の笑い声が溢れています。ポイントは、その広さと明るさ、吹き抜けの上窓から光が差し込み、ダイニングの窓からは金峰山を望む、家の中なのに外を感じる場所です。

ご主人「娘が移動しやすいように、1階をバリアフリーにして、出来る限りリビングを広くしました。階段や壁も閉鎖的にせず、なるべく広々と感じられるように工夫しました。リビングのソファは父の手作りで、姉からのお下がり。家の雰囲気にピッタリで驚きましたね(笑)。」

窓は、通常よりも10センチ長いタイプを選んだことも、室内を明るくした要因。白・グレー・木目の3色で統一しているため、とてもお洒落な雰囲気に仕上がっています。さらに奥様がこだわったのが「見せない収納」です。

奥様「見せる収納は、私の性格的に無理だと判断しました。キッチンの収納棚はすりガラスが標準仕様だったんですが、SNSを見ていて隠すスタイルもあると知って、隠すことにしたんです。しかも、こっちの方が予算も下げられたんですよ。」

子どもたちとの時間を優先したい奥様にとって、家事ラクは大事なポイント。元気いっぱいの子どもたちにとっては、吹き抜けの先にある子ども部屋だけでなく、階段もリビングも遊び場。どこにいても、子どもたちの気配を感じながら、食事を作ったり、洗濯物を畳んだりしているようです。

何年経っても暮らしやすい。家族の誰にも優しいレイアウト

何年経っても暮らしやすい。家族の誰にも優しいレイアウト

アネシスのお客様

吹き出し 子どもたちが高校生になったら、夫婦だけになっても…。変化する家族の暮らしを見据えて行う家づくりは、家族の数だけあります。K様邸には、バリアフリーな家を建てたいという方にとって、奥様のアイデアが詰まった家づくりはヒントがいっぱいです。

奥様「廊下は玄関周辺だけにして、車椅子でも移動できるように幅広にしてもらいました。娘だけでなく、私たちだって、いつ何があるか分かりません。誰が車椅子になっても過ごしやすいように工夫しました。洗面所と脱衣所を別にしたのは、子どもたちが、男女だから。娘が長時間、洗面所を独占しても、家族がバスルームを使えるようにしたんです。そうすれば、どちらにもストレスがないですよね。」

思春期を迎えた子どもたちが、どんな風に過ごすか?を見据えてのレイアウトです。現在は、遊び盛りの子どもたちが泥だらけで帰ってきても大丈夫なように、玄関からそのまま洗面所やバスルームに行ける動線に。洗面所を外に出したことで出来たスペースには、洗濯乾燥機と衣類の収納棚を備え、家事ラクを実現する点もさすがです。

最後に、暮らしはじめて半年。ご夫妻に今のお気持ちを尋ねてみました。

ご主人「立地の良さを改めて感じています。分譲地ということで、アネシスさんが隣近所の方と関係性を築いていてくださったので、スムーズに受け入れていただきました。窓から外を眺めていると、子どもたちが遊びから帰ってくるのが遠くからも見えるんです。友達と別れて、家に向かって走って帰ってくる姿を、安心して眺めていられる。ここは、のどかな田舎が残っている場所です。」

奥様「隣近所を気にして、子どもたちを叱らなくなったのが一番です。相変わらず騒がしいとは思いますが、理想の家に住みはじめて、以前ほど気にならなくなりましたね。子どもたちもストレスが減ったのか、のびのびとしています。」

これからも続く家づくり。建てて終わりではなく、これからの暮らしを良くしていく

これからも続く家づくり。建てて終わりではなく、これからの暮らしを良くしていく

アネシスのお客様

吹き出し 壁やとい・換気口の色を統一したり、軒天を木目にしたり、書きこなせないほどのこだわりが詰まったK様邸。「1点だけ後悔しているのが、バリアフリーにしたくて吊り扉にしたので使いやすいんですが、ちょっと寒いんです。家は、建てて終わりではないので、これからの課題です」。実は、玄関前の目隠し柱もご主人がDIYでカスタムしたそう。大工さん顔負けの仕上がりに驚きつつ、これから進化するK様邸が楽しみです。

フォトギャラリー

もっとオーナー様の声を見る

全ての施工事例・オーナー様の声をみる

土地についてやアネシスの家づくりについて
もっと知りたい方へ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ
096-388-1822 096-388-1822
[営業時間]9:00~18:00 水曜定休日

電話をする

見学予約