熊本の新築一戸建て・建売・モデルハウス・分譲地ならアネシス。

雑木の庭をつくろう。「第4回」

スタッフコラム・ブログ2022.04.19

雑木の庭をつくろう。「第4回」

【今回の作業時間3時間】

営業設計の丸中です!

今回は人が通るアプローチの地表面に何を敷くかの話です。

現在は、土の上に防草シートを敷いているのですが、それでは見栄えがあまりよくない…。

ある程度自然な雰囲気で、泥はねしないような何かにしたい。

砂利やモルタルなども検討したのですが、重かったり技術が必要そうなので断念。

結局、ウッドチップを採用しました。

観葉植物用の角の丸いウッドチップではなく、ヒノキやスギを粗く砕いたウッドチップ。ドッグランなどにも使われている優しい素材で、自然な雰囲気を出せるとのこと。雑木の庭に合いそうではないか。

というわけで、我が家にウッドチップが50リットルで20袋届きました。

発注しすぎた気がする…。そして、意外に重たい…。

 

前回、樹木をフライングでうえたことで、モチベーションは回復傾向。

万全の状態でのぞむ。

 

結論から言うと、この作業が過去最高に地獄の作業となった。

 

まずは、ウッドチップを敷く範囲を決めます。

適当にスコップで線を引いて、このあたりがアプローチかな?というのを決めます。

適当すぎる…。笑

普通は糸を引いて、しっかり施工するんでしょうが、私はプロではないので気ままに。

次に、そこを10cm位掘っていきます。掘ったところには防草シートを敷く。

これが、まさに地獄…。

1年以上防草シートを張っていた地面はもうカッチカチ。さらに範囲が広すぎる…。

午後から雨予報で急ピッチで作業。

何度も諦めかけた。

腰に異変があり、背筋を伸ばすと激痛。職人さんは本当にすごい。

そして、ようやく前処理が終わり、全体にウッドチップを敷く。

 

そして、完成がこちら。

何ということでしょう。それっぽくなっています。笑

 

土地についてやアネシスの家づくりについて
もっと知りたい方へ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ
096-388-1822 096-388-1822
[営業時間]9:00~18:00 水曜定休日

電話をする

見学予約