• 見学予約
  • 資料請求

安心性能

地盤調査・基礎構造

入念な下準備と強固な地盤で家をしっかり支えます。

客観的な地盤調査

アネシスは、ジャパンホームシールド株式会社(以下JHS)との提携により、地盤調査からデータ解析、対策提案、
品質保証書(保証期間20年)の発行を行います。
JHSの定める基準に合格した場合に限り、20年間を対象に地盤保証システム規定を適用。不同沈下しない地盤対策を第三者の目線で提案しています。

1.工事着工
地形や立地条件から土地状況を読み、地盤の強度を調べます。
2.解析
調査データはもちろん、あらゆる要素で解析します。
3.報告
解析結果をもとに、その詳細を報告。その土地に適したプランを提案します。
4.対策提案
解析の結果で、土地状況に応じた基礎補強工事や地盤改良工事を行います。
5.保証
不問沈下しない地盤の品質をお約束。その旨を保証します。

※保証期間の開始日はジャパンホームシールドが地盤品質の適合を確認した日、
および基礎着工日のいずれかの条件を満たした日となります。

地盤の状態に合わせた改良法

地盤調査の結果、地盤改良が必要と判定される場合は状態に合わせて適切な改良を行い、安全な地盤をつくります。それぞれの判定結果により、表層地盤に固化材を混入する「表層地盤改良」。やわらかい地盤が深く続く場合には、固化材を柱状に混入して、地中において大きな柱として家を支える「柱状杭改良」。他には、支持層となる強固な地盤に届くまで杭を打ち込む「鋼管杭改良」を施します。

基礎構造には頑丈な鉄筋コンクリート

地震で地面が揺れたとき、まずその震動が伝わるのは基礎。この振動によって基礎が曲がったり折れたりすると、建物自体が壊れてしまいます。アネシスでは、立ち上がり部分厚さ150mmの鉄筋コンクリートを打設した、強固な基礎形状「鉄筋コンクリートべた基礎」を採用しています。強度が高く不同沈下にも対応でき、シロアリからの被害や湿気をシャットアウトします。

基礎パッキング工法で土台の耐久性アップ

基礎パッキング工法とは、基礎と土台の間にパッキン(緩衝材)を挟み込むことで換気口をつくり、床下全周換気をスムーズに行う工法。床下の入り組んだコーナーの隅々まで換気し、床下換気口に比べて2倍以上の換気能力で腐朽を未然に防止。建物の土台部分の強度を保持し、耐久性、耐震性を高めます。土台が直接基礎に接触しないため、木材がコンクリートの湿気を吸収することを防止します。

前のページへ戻る

  • 安心性能
  • 木質パネル構法
  • 地域No.1を目指して
  • 素材にこだわる
  • 入念な強度計算
  • 高気密・高断熱
  • 外壁
  • 地域調査・基礎構造
  • 屋根・瓦
  • 朽ちない家づくり
  • 地熱利用換気システム

施行事例

イベントカレンダー

おすすめ分譲地

イベントカレンダー

Copyright © ANESIS All Rights Reserved.